住宅リフォームの傾向

住宅リフォームと築年数

リフォームした住宅の平均築年数

住宅は、20年以上30年未満の築年数のリフォームが全体の約3分の1、続いて30年〜40年未満が4分の1を占めており、平均は築26年となっています。地域別では、首都圏、東海地区、関西地区の順で住宅が古くなってからリフォームを行う傾向が見られます。金額的には、500万円以下が全体の5割以上を占め、700万円以下が全体の約7割を占めています。又、一戸建ての方がマンションよりも100万円以上費用が高いとされています。築年数が古くなるほど、既存部分と新しく施行された部分に不具合が多くなりますが、手を入れる事で飛躍的に寿命が延長され、快適性と耐久性が増します。

リフォームは優良な業者選びを

リフォームは、従来は経年劣化により生じた不具合の改修やライフスタイルの変化に対応させる為の増築一般的ですが現在はメディアの影響もあり大きなブームとなっています。その為、異業種からの参入業者も含め非常に多くの業者がひしめき合っている上、悪質な業者も数多く存在するので優良な業者選びが成功への第一歩とされています。現在では、居住中の既存宅だけで無く、敢えて中古住宅を購入してリノベーションを掛ける古民家再生もブームとなっています。又、長く続く経済不況に起因するデフレによる住宅の建て替えなどの高額な借り入れのリスク回避と工事費用の総額が少ないリフォームのメリットが合致したとされています。

↑PAGE TOP